100Vおすすめエアコンプレッサーはこれ!イリイのTR-303ECレビューとハイガーHG-DC991ALの比較

こんにちは。王鈴です。

今回は僕が購入したエアコンプレッサーの紹介。

イリイの2馬力エアコンプレッサー「TR-303EC」です。

本当にこれは買ってよかった。

なにが良いって、音が静かなんだよ。

引っ越しで金がない状態なので、ほんとに厳選しました。

失敗したくなからね。

おすすめ何選とかはやりません。悩みぬいた結果を書いています。

だから、100Vコンプレッサーで悩んだら中華製とか選ばずこれ一択。

スポンサーリンク

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECを選んだ理由

必要な性能と金額のバランスが良かった。

これに尽きます。

ハイガー産業の「HG-DC991AL」とこのコンプレッサーで本当に
迷いました。

どちらも評判はよかったですからね。

ハイガーは6万。イリイは4万。

まぁ、2万円の価格差を感じなかったってことです。

ハイガー製エアコンプレッサーHG-DC991ALとTR-303ECのスペック比較

機能でいえばハイガーのコンプレッサーの方が高機能です。

軽い、圧力調整もデジタル。

先進的な機能とデザインです。

ただ、シンプルな方が壊れにくい、対処しやすい。

とうことから、高機能なハイガーよりシンプルかつ、
十分な性能を持った「TR-303EC」を選びました。

旧車乗りならわかるでしょう。

ハイガーHG-DC991ALのスペック

・タンク容量:36L
・最高圧力:1.2MPa
・設定圧力:0.3~1.2MPa
・吐出空気量:162(0.6MPa時)(L/min)
・コードの長さ:2400mm
・本体サイズ:L660×W350×H630mm
・本体重量:19.5kg
・騒音:70~80dB
・LCD液晶デジタル


イリイエアコンプレッサーTR-303ECのスペック

・ タンク容量:39L
・最高圧力:0.78MPa(8kg/cm2)
・吐出量:210 L/min(60Hz)
・騒音値:65 dB
・重量:36kg
・電源コード:1.5m アース線付き
・外形寸法:W360xL640xH595 mm
・吐出圧力調整レギュレータ、タンク内圧力計、吐出圧力計付き
・吐出口 ボールバルブ、20SF型メスカプラ付き

基本的な性能はほとんど一緒ですね。出力は互いに「1500W」

じゃあ大事そうなところを抜粋。

・最高圧力
【ハイガー:1.2】【イリイ:0.78】
※ハイガーはデジタルで「0.3-1.2」の調整機能付き。
・吐出量
【ハイガー:162】【イリイ:210】
・タンク容量
【ハイガー:36L】【イリイ:39L】
・重量
【ハイガー19.5K】【イリイ:36Kg】

ハイガーとイリイの価格差は約20000円。

良く持ち運びして、圧力を細かく調整する機会が多いなら「ハイガー」

特に移動せず、通常の圧力を維持してくれれば問題ないなら「イリイ」

自分の用途に合わせて選べばOKかな。


イリイのエアコンプレッサーの外観と付属品

イリイのエアコンプレッサーTR-303EC
外観はこんな感じ。

青いボディとシルバーのフィンがかっこいいです。

2馬力なのでシリンダーが二つ。

エンジンみたいでかっこいい。

そして、こちらが付属品。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECの付属品

・キャスター
・ゴム足
・固定用ネジ
・エアフィルター
・金具
・説明書

本体に同梱されている布袋に収納されてます。

説明書も同梱されていますが、組み立て方は一切のっていません。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECの説明書

ここはちょっと不親切かな…。

だからこそ、この俺がこのブログで組みたて方を説明しよう。

ありがたく思ってくれてまえ。

エアコンプレッサーTR-303ECの組み立て方

・キャスター
・ゴム足
・固定用ネジ
・金具
・エアフィルター

上記の部品を本体に取り付けるだけ。

いや、俺はちょっと悩んだよ。

所要時間は15分くらいかな。

エアフィルターの取り付け

まずは、エアフィルターを取り付ける。

取り付けるのは2か所。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECエアフィルターの取り付け穴

こんな感じで左右のシリンダーヘッドっぽいところに穴が2か所あります。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECにエアフィルターをねじ込む

ここにエアフィルターをねじ込む。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECエアフィルターの取り付け完了

これで取り付け完了。

ゴム脚の取り付け

こちらは土台の前方2か所に取り付け。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECの脚の部品

写真のゴム、ボルト、ワッシャー、ナットを用意。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECにゴム脚の取り付け

写真の様に本体を寝かせた状態でゴム脚を取り付ける。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECのゴム脚取り付け完了

ナット側にワッシャーを入れて取り付け完了。

キャスターの取り付け

土台の本体後方にキャスターを取り付けます。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECのキャスター部品

写真のタイヤ、ボルト、ナットを用意。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECのキャスタ取付穴

この土台の穴にタイヤを載せる。

そして、ボルトを入れる。

こんな感じでボルトが出てくる。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECキャスター取り付け方

相棒のナットで固定して完了。

組みたて完了

イリイのエアコンプレッサーTR-303EC完成後方写真

後ろから。

イリイのエアコンプレッサーTR-303EC完成後前方写真

前から。

イリイのエアコンプレッサーTR-303EC組みたて完成横から

横から。

こんな感じで各方面からせめてみました。

完成後、特に感じるものはなかった。

イリイエアコンプレッサーTR-303ECの使い方

この記事ですべてを完結できるよう、使い方も書いておきましょう。

ほんとに素晴らしい説明書だ!ってくらいの内容ですね。

「このブログが僕のサービスマニュアルです!」なんて言ってくれる人もいるので
面倒だけど、書いてて楽しいんです。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECのブレーカスイッチ

まずはブレーカスイッチを投入する。

2か所あります。

1気筒で起動する場合は1個。

2気筒で起動する場合は2個のブレーカスイッチ。

ブレーカスイッチを入れたら次はコンプレッサーの電源。

イリイのエアコンプレッサーTR-303ECの電源スイッチ

この赤いボタンを上に引っ張ると起動して充填が始まります。

※充填時間は「1気筒で4分弱」「2気筒で2分弱」

そしたら赤いレバーをまっすぐに。

するとエアーが出てきます。

使用後のメンテナンス

安いものじゃないですからね。

キチンとメンテもしましょう。

って言っても、下から水と空気抜くだけ。

ここが、ドレンボルトになってるので緩めます。

あまり勢いよくやらないでね。

かなりの圧力で空気が出てきます。

ちゃーんと水分を抜いたら完了。

それと、2週間に一回くらいエアフィルターの掃除をしてやってください。

TR-303ECを使ってみて

僕が重視したのはタンク容量と騒音です。

個人が自宅で使う分にはタンク容量30L以上で音は静かな方がいい。

数値的には80DB以内なら許容範囲なのかな…。

ちなみにTR-303ECはかなり静か。「65DB」ですからね。

衣類乾燥機とそんなに変わらないくらいの音量。

掃除機の方がちょっとうるさいくらい。

必要十分な性能でシンプルな造り。

使い勝手もいいし、圧力もばっちり。

何より、騒音が少ないのでガレージでの作業が快適になりました。

ただ、重いので持ち運びする人はハイガーのコンプレッサーの方がおすすめかな。


コメント

タイトルとURLをコピーしました