俺的おすすめバイク用冷感インナー

こんにちは。王鈴です!

バイクに乗るときの服装って悩ましいですよね。

僕は涼しい時期は赤の革ジャンを着用していますが、
暑いときや寒いときは困りますね。

今の時期は暑いので半袖で乗れば涼しいなんて、思う方もいるかもしれませんが、

それはちょっとまってほしい。

僕もそう思って半袖で乗っていましたが、日焼けはひどいし、

乗り終わった後、焼けた部分が熱をもってしまうんですよね。

つまり半袖が涼しいというのは幻想です。

秋口くらいだったらいいと思うんですけどね。

基本僕はバイク用ウェアというのは着用しません。

もちろん高いとうのもありますし、見た目もちょっとね…。

なので夏らしく涼しくバイク乗る!というのをコンセプトにしています!

そこで僕なりに比較した冷感インナーについてまとめていきます。

スポンサーリンク

目次

冷感インナーとは

バイクに乗っている時というか、真夏でも快適?に過ごせるように開発されたインナーです。
実際はね、半袖Tシャツだけのほうが涼しそうに見えるんですよ。でも、着た方が涼しい。
これは使用した人にしかわからない感覚でしょう。

夏のツーリングで気になるのは、汗ですよね。そして、ベタベタする。
これを軽減するために、「吸汗速乾」って特徴があります。
うすーいインナーが汗をしっかり吸って、乾かしてくれるんですね。

んで、その吸った汗が気化することで冷やす効果を狙っています。
そんなんに焼石に水だろ?と思うかもしれません。
確かにじっとしていたらそうなんですが、これを着用して風を受けるとその違いがわかると思います。

んでもって、日焼け防止にもなるしね。やっぱり日焼けするとそこが熱を持つので、
焼けないに越したことはないんです。

では、インナーウェアの紹介に入っていきますね。

スポンサーリンク

おたふく手袋 ボディータフネス冷感・消臭 パワーストレッチ 長袖ハイネックシャツ


この冷感インナーウェアのいいところはなんといっても安いとこですね。

値段は「1000円」前後ですが、インアーウェアとしての機能をきちんと発揮してくれます。

素材

品質:ポリエステル95%・ポリウレタン5%

COMPRESSION

適度な締め付けが身体の動きをサポート

POWER STRETCH

ストレッチ機能がクールな着心地を実現

EXCELLENT SWET/ABSORPTION & FAST DRY

吸汗速乾加工がべたつきを抑える

UV CUT

紫外線を防ぐUVカット機能付き

COOL FEELING

高い冷感機能を誇る「X-COOL」を採用。

DEODORANT

高い消臭効果

スイトールCの消臭効果性能比較

おたふく手袋 ボディータフネス冷感・消臭 パワーストレッチ
長袖ハイネックシャツがおすすめな理由

消臭効果のある「スイトールC 消臭コアーミシン糸」を首回りと脇部分に使用しており、

その消臭効果は未加工の商品と比べ大きな差が出ている。

また、消臭効果は洗濯するたびに回復。安全性も確認済みとのことです。

これだけの機能を有して1000円とは激安だと思います。

また、デザインもシンプルで合わせやすいのもポイント高いですね。

バイク用品って安全のためか、やたら派手なデザインとかもありますからね…。

僕は赤いTシャツにこれを合わせています。

スポンサーリンク

SK11 超クールウエア 冷感シャツ


この冷感インナーウェアはおたふくさんとこのと違ってちょっと高めです。

ですが、その分高級感というか、前者にはない機能性があります。

高級志向な方はこちらかな??

こちらも作業着関係のメーカーさんなので動きやすさは折り紙つきでしょう。

価格としては大体「¥3500」くらいですね。

丸首・長袖冷感ウエア

●生地内側には最先端技術である冷感樹脂プリントを施し、
汗をかくたびに冷たく感じ、冷感効果が長く持続する

●吸水速乾性に優れた素材を採用し、汗をかいてもムレにくく快適

●ワキした部には抗菌防臭、制菌効果もある通気性に優れたメッシュ生地を採用し、
汗によるムレや臭いを軽減する

●薄手生地のためにアウターに干渉せず、体にしっかりフィットする。

リブフレッシュPスーパー


ワキした部には抗菌防臭、制菌効果もある

通気性に優れたメッシュ生地を採用し、汗によるムレや臭いを軽減。

吸水速乾×冷感樹脂プリント


冷感樹脂は、汗を吸収し冷感成分が溶解・吸熱することにより

冷たく感じる「吸湿冷感」効果。

吸水速乾×冷感樹脂プリントの仕組み

SK11 超クールウエア 冷感シャツがおすすめな理由

冷感プリントっていう仕組みが主なポイントですね。

それと脇の下の素材を変えているところも
ポイントが高いと思います。

やはり高いだけあってきちんと匂いにも配慮されているところがいいですね。

中年にの汗や油の匂いは耐え難いものがあるからなぁ。

スポンサーリンク

デイトナHBV-017 放熱冷感インナー ハイネックシャツ


こちらはバイクメーカーのデイトナさんの冷感インナーウェアです。

価格は大体「¥5000」前後ですね。

こちらもなかなかいいお値段しますがもちろん
それに比例して高機能となっております。

素材

●素材:ナイロン90%、ポリウレタン10%

特徴

大手国内自動車メーカーのエンジンや電車のエアコン室外機にも採用されている、
特殊な放熱塗料をインナーウエアに採用した新発想のクールインナー

熱を遠赤外線に変換して放出。

だから冷感、ずっと続く。

生地にプリントした特殊な放熱プリントが、熱を遠赤外線に変換し大気中に放出。

さらに、放出された遠赤外線が太陽からの熱エネルギー(電磁波)をブロックすることで、

生地表面温度および身体の体温上昇を防ぎ、接触冷感が持続します。

●金属とシリコンの特殊な放熱プリントが身体より発する熱を逃さず吸収。

●洗濯しても放熱効果がほとんど低下せず冷感が持続。

注意

ドライクリーニングは絶対にお避けください。お風呂の残り湯、

入浴剤入りの水を洗濯に使用すると、機能性が落ちる場合があります。

脱水の際、手絞りはお避けください。

洗剤は、中性洗剤を使用してください。

他の物と一緒に洗濯をしないでください。

デイトナHBV-017 放熱冷感インナー ハイネックシャツがおすすめな理由

エアコンの室外機に使用している放熱塗料を使用しているそうです。

いや、放熱塗料なんてもん初めてしりましたよ。

なんか聞いただけで涼しそうですよね。どんな感じなんでしょうか。

ただ、特殊な塗料を使用しているだけあって、注意事項もあります。

その辺も考慮するとこれはロングツーリングの勝負服かな?って感じですね。

スポンサーリンク

【KOMINE】コミネ JKL-122 クールコンプレッションアンダーシャツ


はい、お次はこちらです。みんな大好き「コミネ」です。

これを着用してコミネマンになっちゃいましょう!

ちなみに僕の彼女もコミネマンでしたw

お値段も「¥5000」前後とまぁそれなりのお値段です。

特徴

真夏のライディングを快適にするインナーシャツ。

速乾性伸縮素材が汗を素早く外部へ発散し、気化熱により衣服内を亜適度な温度に保ちます。
汗によるべとつきを抑えるのでジャケットの袖通しも良くします。

また、適度な着圧を持たせることで疲労軽減の効果も見込めます。

腋や背中といった汗のたまりやすい箇所にはメッシュ生地を使用。

コミネ JKL-122がおすすめな理由

こちらも汗のたまりやすい、
匂いが発生しやす箇所にはメッシュ生地を採用していますね。

なんといってもコミネですからね!う~んメッシュ生地いいなぁ。

セットでパンツもあります。


さすがコミネさんです。なんとセットでパンツも販売してます。
やはりコミネマンたるもの、中までコミネですね。さすがコミネです。

スポンサーリンク

氷撃 FREEZE TECH(フリーズテック) WORK 冷却インナーシャツ


最後はこちらですね。フリーズテックです!もう、「氷撃」ってのが涼しいを通り越して寒そうです。

価格もこちら「¥5000」前後となっております。

こちらのメーカーは電熱ウェアも出していますのでなかなか信頼できるブランドじゃないでしょうか。

冷感プリント+接触冷感


FREEZE TECH冷感テクノロジーの特殊冷感プリントで処理した繊維が、
人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収すると、その吸熱特性により繊維の温度が下がり、冷感を付与します。

吸水速乾

水分を素早く吸収して乾燥させます。汗をかいても着用時の快適性につながります。

抗菌防臭

生地に抗菌防臭加工を施し、繊維上での細菌の増殖を抑えることで、臭いの発生を抑制します。
また紫外線を大幅に防ぎ(UVカット)、日焼けを防止します。

日本製

安心・安全・高品質・高機能なメイドインジャパン。生地、プリント、縫製に至るまで全て日本製。

氷撃 FREEZE TECH(フリーズテック)がおすすめな理由

とまぁ、こちらも例にもれず、多機能ですね。

これを見ておもうのはネーミングの素晴らしさですよね。

どの会社も正直機能的には大差ないのかなと…。あとはデザインとネーミング。

あとはネームバリューですかね?

あとは、よりシンプルにをコンセプトにメッシュ生地を使用していないそうです。

でもちょっと氷撃ほしいな。名前的にほんと涼しそう。

スポンサーリンク

おまけの防風インナー

夏のツーリングと言えば「山」否、「峠」ですよね。

そうするとやっぱり標高差があるので平地の服装だと気温変化に対応できなくなる時があると思います。

そんな時にそなえて、防風インナーを持っていくといいですよ。

小さくコンパクトにできるやつね。これで夏のツーリングは完璧でしょう。

スポンサーリンク

冷感ズボンで完璧

上は冷感インナーでばっちり!

でも、下半身も熱い!エンジンの熱もすげえし…。

やっぱり下半身も冷やしたい!

そんなあなたにワークマンのフィールドコアの冷感ズボンがおすすめ。

僕も買いましたが、かなり使える。

記事は薄く、ナイロン?っぽい感じ。

風が当たるとちょっとひんやりしてきます。

カーゴタイプなんで、スマホも財布入ります。

価格も¥1900と低価格。

3本くらい買ってもいいんじゃない?

まとめ

今回僕が紹介したインナーウェアですが、シンプル・イズ・ベストをコンセプトにチョイスしました。

様々な会社が様々な工夫を凝らしていて、調べてて楽しかったです。

やはり、冷感だけではなく気になる「匂い」についても配慮してくれたり、そのうえで買いやすい価格設定。

企業努力が伺えますね。

確かに高ければ高機能です。

でもね、そんなにお金持ちばっかりじゃないから。

紹介した価格帯なら普通のサラリーマン、
学生ライダーも買いやすいんじゃないでしょうか。

僕自身、冷感インナーウェアをバカにしてましたが、本当に効果的です。

体も引き締まったような感じがしますしね。

これがあれば夏のツーリングも多少は快適になるでしょう。

まぁ、でも俺のバイクは空冷の旧車なんで真昼間は走らないけどね。

秋に入り始めたら、革ジャンの下に着れば快適に過ごせると思います。

夏だけじゃないですよ!バカとハサミは使いようです。

利用する側も工夫して快適にツーリングしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました