ローダウンで女性ライダーも安心!GSX250Eザリのローダウン!

こんにちは。王鈴です。

今回はGSX250Eザリのローダウンです!

女性がバイクに乗るときの不安ってやっぱり足つきですよね。

いや、そう思うんです。

だから今回はみのりのザリのローダウンを行いました。

一度やらかしてるし、これで安心できるといいんですが。

スポンサーリンク

購入したローダウンサス


僕が今回購入したサスはとにかく低く。

どうせ下げるなら思いっきりさげようと思って「280mm」のサスを購入。

穴から穴までが「280mm」なので、全長ではたしか「310mm」だったかな?

純正が「340mm」なので3センチのローダウンになるわけです。

ちなみに購入したのはこちら。

結構安いでしょう?安いのでちょっと不安だったんですが、
この長さはこれくらいしかなくて、仕方なく選択。

本当は黒いバネがよかったんですけどね。

リアサスの交換方法

じゃ、リアサスの交換をしていきます。

古いの取って交換するだけなんですけどね。

まず、後輪を浮かせる必要があります。

センスタがあれば楽なんですけど、そんなものはついていないので
ジャッキアップ。

ジャッキアップは車用のジャッキで大丈夫ですよ。

サスのナットを緩めてからジャッキアップしてください。

後輪を浮かせたらサスを外します。

長さが少し変わるくらいなら片方ずついけるんですけど、
今回は長さがかなり変わるので両方外します。

両方外したら、後は入れるだけ…なんて思ってたら
カラーが合わない!!!!!

GSX250用で買ったのに!!!くそ!!

ちなみにリアサス交換は初めてです。

仕方がないので、元々ついていたザリのサスからカラーを移植。

僕がかったのは上下「10mm」でしたが、ザリは「12mm」です。

調べなかった俺が悪いんだけどね。

というわけでリアサスの交換は完了。

ローダウンの効果

リアサスを交換しかなり車高が下がりました。

足つきはこんな感じ。
ローダウンサスの足つき

ほぼベッタベッタですよね。

みのり自身もかなり安心感を得たようで、バイクも楽しくなったみたい。

僕としても嬉しい限りです。

いきなり公道も走れるようになり、二段階での一時停止も安心できたようです。

ローダウンのデメリット

こんないい事ばかりのようなローダウンですが、デメリットもあります。

・コーナリング時すぐ接地する。
・サイドスタンドの加工が必要
・フロントフォークの調整が必要

上記のような、デメリットや調整が必要になってきます。

フォークは少し突き出して、バランスとる感じ。

サイドスタンドは加工するか、汎用品を加工して取り付け。

僕は「GSX250L」用のサイドスタンドを購入しました。

まとめ


とりあえず、今回のローダウンは成功ですね。

立ちゴケの不安も解消され、バイクに乗る楽しさを実感しているようです。

ただ、ちょっとかっこ悪いので、慣れてきたらサスは交換かな?

まずはバイクの操作に慣れるまでは安心感が大事ですね。

足つきで悩んでる方思い切ってローダウンしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました