不動車を買って修理するのってほんとにお得?

こんにちは。王鈴です。

今回はお金ない青年達が一度は考えること。

「ボロいバイクを激安で買って修理して乗る」

これ、絶対考えますよね。

僕も中学生の時はそんなこと考えていました。

結論から言うと、無理ではないけど、余裕でバイク買える金がかかる。

そして、まともに走らない可能性が高い。

まるで知識も技術も工具もない一人の人間がやるなんてまず無理。

でもね、経験と知識に投資するのが目的なら全然いいよ。

でもさ、すぐバイク乗りたいんでしょ?

じゃあ、やめたほうがいい。

これが僕の結論です。

お金がないなら、尚更、ショップできちんとしたバイクを買うべきです。

それは、なぜなのか。僕がわかる範囲で説明していきましょう。

おすすめの旧車バイク達を大公開!旧車バイクの魅力!
俺的なおすすめの旧車バイク達!現役旧車オーナーのオリジナルカスタムを多数掲載しています。魅力的な旧車バイク達をたっぷりと堪能してください。実際に現在所有されている方たちのオリジナルの写真です。カスタムの参考にもおすすめです。
スポンサーリンク

工具が足りない

工具を追加した画像
工具が足りないんだよ。

やってみりゃわかるけど、まじで工具全然足りない。

大体持ってるのってホームセンターで売ってるツールセットくらいでしょ?

全然足りないよ。

工具やケミカル用品だけでかるく2万はかかります。

2万てのはほぼ最低金額ね。

もちろん貸してくれる人とかいれば話は別だけどね。

ヒートガンとか必須ですよ。

ドライバーだっていろんなサイズあるしね。

結構ね、細かいもので出ていくんだよ。

専用工具が必要な箇所もあるしね。

知識や経験が豊富な人は代用できる工具とか使い方を知っているけど、

そうじゃない人は専用工具を買うしかないしね。

工具だけでもこれだけめんどくせえ。

スポンサーリンク

技術が足りない

バイクいじりに悩む少年
不動車ってことは、長年放置されていた可能性が高いです。

そうすると所々錆びていたり、ネジが固着していたりと
部品一つ外すのも一苦労です。

絶対一筋縄じゃいかない。

ネジが固着してて、なめちゃった!

どするればいいの?

グーグル先生に聞く。

あ、この工具があればいいんだ。

でも、どうやって使うんだろう…。

ネットで調べる。

以下ループ。

まぁ、まだこのループができればいいんです。

大体、焦って手持ちの工具などで外そうとして、
取り返しの付かない状態になる。

初心者あるあるですね。

んで、結局傷つけちゃいけないとこ傷つけて、
部品をダメにする。

こんな感じじゃないですかね。

工具があってもそれを扱う知識や経験がないとダメなんですよ。

スポンサーリンク

具体的な作業と金額

必要な部品たち
そんなことわかってんだよ!

でも、やりたいんだ!って青年達のために
大体いくらくらいかかるか金額を書いていきましょう。

あ、でもこれから書くのはエンジンは実働の場合ね。

エンジン不動のバイクを買う
初心者はバイク乗りたいんじゃなくて、
修行したい人と認識していますので。

タンクの錆取り

タンクの錆取り。

よほど保管状態が良くないと避けては通れない作業になります。

しかもこの錆取りも意外と奥が深いんです。

錆を取るだけなら錆取り剤だけですので「¥6000」です。

まぁ、これで終わればいいんですけど、
錆取りしてタンクに穴が空くなんて日常茶飯事です。

そしたら、パテで埋めて塗装してって・・・。

そうなるとプラス¥5000~10000くらい見ておいたほうがいいですね。

しかも自家塗装だとまずうまくいかないでしょう。

つまり汚い外装を付けることになります。

業者にやってもらったら本末転倒でしょ?

それも味ですよ。

燃料コック-キャブレター

タンクに錆があるということは、燃料コック、キャブもダメです。

燃料コックはオーバーホールでも新品交換でもどっちでもいいです。

オーバーホールなら¥2000~¥5000くらいでできると思います。

交換だと、車種によるけど¥10000位かなってとこです。

負圧のコックだと、新品の方がいいと思います。

そして、キャブレター。

これもね、どこまで仕上げるかによります。

大体最低限で済ますとしても、1気筒¥7000位かな。

僕はキャブに関しては専門の業者さんが一番だと思います。

その場合4気筒だと大体¥50000位。

とりあえず走ればいいだけなら1気筒¥7000見とけばいいでしょう。

足回り

GT750のフロント足回り
大事な足回りです。

まずはタイヤ交換で¥20000。

お次はブレーキですね。

シングルディスクで、大体パッドも入れて、¥10000あればいけるかな。

でも、これはキャリパーが無事だった場合ですね。

キャリパーだめだと中古買ってとか、汎用品にすかとか、
色々めんどいです。

マスターシリンダーもあるから合わせて、¥15000位かな。

そして、フロントフォーク。

インナーチューブが無事だとししたら、¥3000位です。

インナーダメなら、¥30000見とけばいけるかなぁ…。

錆びてなくても、歪んでたりとかもしますからね。

ここは結構状態によって金額が違いますね。

ここは3万~8万くらいまで見とけば大きくずれることはないと思います。

なので、購入するときもよく見ておくといいですよ。

ってゆうか、分解するの一苦労ですけどね…。

あ、いきなりANDFとかはやめてね。

普通のシンプルなやつがおすすめです。

電装

バイクの電装ハーネス
これもバッテリ交換だけですめばいいですけど、
レギュレータなども故障していればさらにお金かかりますね。

充電関係もイカレてたらお金かかりますね。

バッテリも安い中華性じゃなくて、それなりにちゃんとしたものをお
入れてくださいね。

また、点火系も大事です。

IGコイル、コンデンサー、プラグコードとかね。

ポイントだったら安いけど、CDIとかだとどうなんだろう?

電気系統しっかりやるなら10万あればしっかりできるかな。

最低限、バッテリ交換だけなら¥10000位で済むと思います。

まぁ、でも電気系統は厄介だから全部新品が安心かな。

でも、配線図見れないとだめよね。

スポンサーリンク

マニュアル・消耗品

サービスマニュアルとパーツリスト
見てもわからないと思うんですけど、
見ないと解らない部分もあるので、
サービスマニュアル、パーツリストは必須ですね。

特にパーツリストがないと部品番号がわからないので、
違う部品買ったり、ヤフオクなどで転売されている割高な部品を
買うことになります。

そうならないためにも必須です。

それと後は一般的な消耗品ですね。

ワイヤーやプラグ、エアクリーナーなどなど、細かい部品で
さらにお金がかかります。

しかもどこがどうなってるといけないのかも解らないでしょ。

そうなるととりあえず交換か、放置で乗ってバイクをぶっ壊す。

ってな感じですかね。

スポンサーリンク

まとめ

ベース車両
ここまで説明したのって、
エンジンは実働で、フレームは書類付きで、
結構いいベース車両ですよ。

いいベース車両でもこれだけお金がかかる。

ここまで読んでもらえればわかると思いますけど、

バイクを修理するスキルを身に着けるために投資するなら
全然いいです。

でも、バイクに乗りたいのに不動車買って修理して乗るのは
おすすめできません。

お金がすごいかかりますよね。

工具・ケミカル
¥20000
タンク錆取り(タンク穴無ー穴有)
¥6000~¥16000
キャブ-コック(1気筒-4気筒)
¥10000~¥60000
足回り(フォーク再利用-新品)
¥23000~¥80000
電装(バッテリのみ-全交換)
¥10000~100000
マニュアル・消耗品費
¥10000
合計=79000~286000

大体上記の金額がかかるかな。

最低金額の¥79000はベースがかなり良くて、
とりあえず走るって状態です。

ちゃんと走るわけじゃないですよ。

なんか調子悪いけど、まぁ走るしいいかって状態です。

ベース車両費と修理費合わせたら、バイク買えますよね。

しかもこれ、修理がスムーズに行えた場合ですからね。

間違いなく修理の過程でいくつか部品ぶっ壊しますよ。

もっとお金がかかるもんだと思ってください。

最低限これだけの金額がかかります。

おまけに時間もかかります。

ただ、かけがえのない経験ができますので、
今後のバイクライフのために時間と金を投資すると考えられるなら
全然ありだと思います。

そして、自分の周囲に詳しい人がいれば素敵なバイクライフとなるでしょう。

逆に聞く人いない、いじったことないだと悲惨です。

自分が何をしたいのか、どうしたいのかをよく考えて購入しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました