GSX250Eザリのエンジンの載せ替え【降ろし方】

こんにちは。王鈴です。

今回はザリのエンジンがご臨終となりました。

そのため、予備のエンジンに載せ替え。

いやー、ほんとにいろいろありますねぇ。

びっくりしましたよ。いきなりセル回んねーし。

また、セルモータ壊れたのかと思ったんですが、手でクランク回そうとしても
動かねーのww

GSX250Eザリのセルモーター修理と電圧低下の原因。純正部品の流用
こんにちは。王鈴です! 今回はザリが故障しちゃったのでそこのことを書いていきます。 いや~びっくりしましたよ。 ツーリングの帰り際エンジンかからねぇんだもん。 押しがけ頑張ったけどだめでした。 原因はセルモータ...

いやーびっくらこいたけど、悩む間もなくエンジン降ろしてました。

ここまで楽しませてくれるとは…。

スポンサーリンク

エンジン焼き付きの原因

まだ、開けていないので原因はわからないんですが、
回しすぎたのかなって感じです。

中々高回転のセッティングが決まらず、結構回してましたから…。

オイルもちゃんと入ってたし、まめに交換してたんですけどね…。

白煙もないし、いいエンジンだったのになぁ。

古いバイクだから壊れるのは仕方ない。

幸い予備エンジンがあるんで、載せ替えてから
ゆっくりと原因は確認したいと思います。

GSX250の車体からエンジンを下す

というわけで、エンジンを下ろしていきます。

まぁ、思っていたよりも簡単だった。
ってのが感想ですね。

外す部品も少ないし、エンジンも軽いしね。

エンジンの降ろし方作業手順

・オイル抜く
・配線などを抜く
・ピックアップコイルを外す
・フロントスプロケ外す
・マフラー外す
・ステップ/リアブレーキ外す
・キャブレター外す
・エンジンマウントを外す

簡単にまとめるとこんな感じ。

インパクトがないとフロントスプロケ外すのが大変なくらいですね。

大体普通に持ってる工具で大丈夫。

インパクトだけ用意してください。

あとは、配線いじるので電工ペンチセットくらいかな。

【ブラック&デッカー】バイク整備の相棒!おすすめインパクトドライバー
こんにちは。王鈴です。 本記事で僕の使用しているインパクトドライバーの紹介です。 ずっと手動工具で整備してきましたが、やはり電動工具はすごいですね。 今となっては完全に必須工具となっています。 ただ、電動工具は高価で...

配線を抜いていく

エンジンと車体をつないでいる配線を抜きます。

多分、作業するうえで一番悩ましいのが配線だと思います。
忘れちゃったりするからねぇ。

といわけで、配線に関しては詳しく掲載しておきます。

ザリの場合はこんな感じでマウントに乗ってるんで
まとめて全部外していきます。

・ステーターコイルからの配線(レギュレータと接続)

こっちがレギュレータ側。

配線の色を合わせれば問題なしです。

一個一個確実に抑えておきましょう。

・セルモーターからの配線(スタータリレーにナット止め)

・バッテリのプラスケーブルとヒューズホルダー(スタータリレーにナット止め)

・スタータリレーの配線(本来は黄/緑の配線)

・イグナイターの配線

・なんかよくわからん青い配線

・バッテリのアース線

この辺の配線を外せばOK。

周辺部品を外す

エンジンを下すときに邪魔になりそうなパーツを外していきます。

・マフラー
・キャブレターを外す
・ステップ
・クラッチカバー
・スプロケ
・ブレーキぺダル

これらを外していきます。

スプロケ以外は普通に外せますよね。

いや、外れるはずです。

エンジン降ろそうって奴が外せないのは問題あるからね。

ってゆうか文字数も半端なくなってしまうんで要点だけで行きます。

ネジだけわからなくならないようにしてね。

ちなみにブレーキペダルのスプリングの向きは混乱するかも
しれんからのせとく。

GSX250Eリアブレーキペダルのスプリングの向き

こうゆう向きね。

僕はこうゆの苦手なんで必ず写真撮ってます。

ヘッドライトのバルブ止める金具とかもよく混乱するんで。

邪魔になりそうな付属品を外したら、エンジンマウントを外していきます。

エンジンマウントを外してエンジンを降ろす

マウントは全部で5か所。だったかな。

ここが作業の難関というか気になるとこだと思います。

僕はこれを使いました。

バイク用ジャッキ

激安のバイク用ジャッキです。

これがないと大変。

このジャッキをエンジンの下にセットします。

エンジン外れた状態で見てもらったほうがいいかな。

この辺にセッティングして、エンジンにテンション?をかけておきます。

ジャッキをセットした状態で各マウントを外す。

エンジンの左下。

エンジンの右下

エンジンの前側

エンジン後ろ側

この4か所のマウントを外します。

この時にエンジンの荷重が下にいっているとボルトが抜けません。

なので、ジャッキで高さを調整します。

この黒いレバーを回して、ちょうどいい高さに調整しながら
マウントボルトを抜けばOK。

250だったら軽いから余裕です。

ボルトを抜いたら、右側からエンジンを抜いて完了。

写真撮りながらやっても一時間くらいでできました。

まとめ

エンジン載せるとこまで書くと長くなっちゃうので今回はここまで!

ほんとは動画も撮りたかったんですけど、なんせ初めての作業。

動画まで気にしてる余裕がなかったので勘弁してください。

思ってたよりも難しい作業ではなかったですが、
腰をいためないこと。

それと、フロントスプロケのナットだけなめないように気を付けて。

そこだけ、気を付ければ問題なく作業できると思います。

いやー、そのうちエンジンやろうと思ってたけど、
まさかこんなに早く訪れるとは…。

神は俺をそうとうレベルアップさせたいようだな。

予備エンジンを載せて、今のエンジンは使えそうなら、
OHしようかな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました