GS400:タンデムバーとリアサスマウントのボルト折れ

こんにちは。王鈴です。

平成最後のバイクの日(8/19)も終わりましたね。
僕はその日休日でした。

もちろんツーリングにいくつもりでしたよ。

でも、人生ってなかなかうまくいかないもんですね。

カスタムして、ツーリングだ!なんて意気込んでいたら
見事に空回りすることになりました…。

スポンサーリンク

リアサスマウントボルト折れ

でもね、リアサスマウントのボルトを折ってしまったしまったんですよ。

スポンサーリンク

なぜ折れたの?

なぜ折ってしまったのでしょうか?なぜなんでしょうか?

実はこれをつけようとしたんですよ…。

スポンサーリンク

修理完了

今回はいつもお世話になっているローカス819さんではなく、

自走が不可のため、歩いて行ける距離にあるバイク屋さんへ相談してみました。

電話すると、快く「持ってきて見せて」と言ってくれました。

すると修理は問題ないとのことですが、

左右のリアサスの止め方が変わってしまうので

見た目がちょっと気になるだんだったら溶接の方がいいとのことでした。

ですが、今回は自己責任ですので、

一番簡単な「マウントに穴を開けてナット止め」

という方法で修理してもらうことにしました。

急な依頼にも関わらず、迅速に対応していただき無事修理完了となりました。

旧車をいじるときは注意

今回、僕が感じたことはですね、

確かに僕のGSは信頼できるショップさんで整備してもらってます。

でも、僕のように無知な人間がいじるとこんなことになるんだなと

改めて実感しました。

やはり古いバイクなので、金属疲労は避けれられません。

だから、気を付けて作業しなければいけない箇所が

いろいろあるんだなと本当に勉強になりました。

みなさんも、僕のような失敗をしないよう気を付けて、

楽しく旧車ライフを送ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました