GS1000のキャブ同調とイグニッションコイルの純正流用

ランキング応援お願いします!

こんにちは。王鈴です。

今回もGS1000のメンテナンス。

今回やったことは…。

・キャブの同調
・負圧取り出し口の連結
・イグニッションコイルの交換

一応、目標として燃費20キロを目指してます。

今のところ、18.8が最高かな?

調子のいいバイクは燃費がいい!
というわけで作業をしていきます。

GS400/GS1000/GSX250Eの燃費計測
こんにちは。王鈴です。 ここでは、僕のバイクたちの燃費を記録していきます。 なんでこんな面倒なこと始めたのかというと、 バイクの調子の良し悪しを把握する。 これが目的です。 まだ、データはほとんどありません。 ...
スポンサーリンク

GS1000の純正流用イグニッションコイルの交換

GS1000の当時物純正イグニッションコイル
まずは、当時物っぽいコイルの交換。

これは前回のメンテ時にやりたかったんですが、ピッチが合わず作業延期。

ちなみに、旧コイルと新コイルのピッチはこんな感じ。

GS1000当時物イグニッションコイルの取付ピッチ

GS1000純正流用コイルの取付ピッチ

ちょうど1センチくらいピッチが違います。

created by Rinker
スズキ(Suzuki)
¥9,645(2022/07/05 17:01:42時点 Amazon調べ-詳細)

15000円もしたので、諦めることはできません。

GS1000純正流用イグニッションコイル取付ステー

ホムセンで金具ステーを買ってきたので交換します。

GS1000純正流用イグニッションコイル取付ステーの取付ピッチ

ちなみに参考までに、こちらがサイズです。

開け始めのボコツキも、燃調ではなく、点火かもしれない。

可能であればもう、キャブの脱着はやりたくないので原因が
コイルであってほしい。

そんな願いを込めて作業します。

純正流用コイルの配線作成

配線の長さは大体これくらい。

太さは「1.25sq(スケア)」あった方がいいです。

色をそろえる場合は「橙/白」「白」「黒」の配線になります。

後は、オス/メスのギボシ端子と
平型端子の250型のメスを準備。

今後も使うことが多いし、失敗もするし、安いので
まとめ買いがおすすめ。

【送料無料】エーモン AMON ターミナルセット E3 車用端子 電工ペンチ・検電テスター付

旧イグニッションコイルの配線

旧コイルの配線を確認して作成していきます。

こんな感じでまずは、本体側に平型端子を接続。

ハーネス側も完成。

あとは、ステーを付けて取り付けます。

純正流用コイルの取付


配線ができたので、位置調整をしながらステーを付けます。

普通にステーを付けると、ステーが矢印部分に接触。

なので、画像のように本来のネジとスペーサーをステー側に。

ステーをコイル本体と共締めします。

これで取付完了。

コイルを外すときは片方ずつやった方がいいですよ。

コイルからプラグコードが2本ずつ出てるので、どこが何番目か確認しながらやりましょう。

キャブの同調


次はキャブの同調を取ります。

 

負圧取り出し口はここ。

GS1000の同調負圧取り出し口

4箇所あるので、外していきます。

ここに、バキュームゲージを接続して同調。

GS1000の同調のやり方

キャブのトップカバーを外し、写真のロックナットを緩めて、
真ん中の軸を左右に回し調整します。

キャブの同調ずれ

1年半放置でこれだけずれてました。

GS1000のキャブ同調完了

大体合わせて作業完了。

負圧取り出し口の連結

こちらの作業はGS400でもやっています。

バイクの負圧取り出し口の連結で低速と整備性アップ!
こんにちは。王鈴です。 今回はプチカスタム?で負圧取り出し口の連結です。 これをすることでアイドリングがより安定し、低速走行での安定性が増します。 整備性もよくなるのでやらない手はないです。 元ネタはGS1000とい...

レスポンスが良くなり、気持ちがいいですが、体感できるかどうかは…。

低速も良くなる気がしますが、どうでしょう。

僕は整備性も良くなるので各車両に実装しています。

負圧取り出し口連結用の部品

使うの上記の部品。

HONDAの純正です。

作業は簡単。

負圧取り出し口にこれを付けるだけ。

GS1000の負圧取り出し口を連結

こんな感じですね。

【1番-4番】 【2番-3番】をそれぞれホースで接続します。

僕は耐熱、耐ガソリンの3.5ミリのホースを使用しています。

これで、レスポンスが良くなったような気がします!

なにより、同調作業をするときにホースだけ差し替えればいいのが楽ちん。

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥621(2022/07/05 17:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ちょっとした作業ですけど、こういった細かいとこをやっていくと
バイクは応えてくれます。

実際、マフラー替えてから燃費が15くらいまで落ちていましたが18超えてくれました。

それとですね、肝心の開け始めのボコツキ。

こちらも改善されました。

まじで、キャブやらなくてよかったよ…。

簡単で安いところから攻めていくのが大切ですね。

ただ、アフターはちょこっとあるので、煮詰めていきたいところ。

目立ったカスタムをする前に、やるべきことをきちんとやってあげましょうね。

created by Rinker
スズキ(Suzuki)
¥9,645(2022/07/05 17:01:42時点 Amazon調べ-詳細)
【送料無料】エーモン AMON ターミナルセット E3 車用端子 電工ペンチ・検電テスター付
created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥621(2022/07/05 17:01:44時点 Amazon調べ-詳細)
旧車のキャブレターガソリン漏れ対策【GS1000】
こんにちは。王鈴です。 今回はキャブのガソリン漏れ対策。 僕の所有しているGS1000ですが、若干ガソリンが漏れます。 納車時に部品は新品にしてあるのに漏れる。 そんな困った状態が旧車ではよくあります。 僕は今...

コメント

タイトルとURLをコピーしました