GS400スタートのもたつきとストール。

こんにちは。王鈴です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

とあいさつはこれくらいにして、僕のGSが不調。

昨日やっと解決したんですけど、2か月くらい悩みましたね。

原因はキャブのネジの緩みでした。

いや~まじであんなとこだとあ思わなかったよ…。

GS400バイクのアイドリングが不安定となる原因
こんにちは。王鈴です。 今回はバイクのアイドリングが不安定となる原因について、 僕がわかる範囲で書いていきたいと思います。 僕のGS400もアイドリングが不安定になる症状があり、 いろいろ悩まされました。 改善...
スポンサーリンク

GSの症状

ちょっと前まで絶好調でアイドリングなんてストールする気配すらなかった。

だが、しかいいきなりアイドリングがばらついてストンと落ちる。

そして、その症状が出ると、発進時にガボガボしちゃってすげえモタつく。

しかもこの症状が出るときと出ないときがあってすげえ悩んだ。

んで、わかったことが、長距離?30キロ以上走ると症状が出るってこと。

かなり走ってから症状がでる。

冷間時は調子がいいんだよ。

スポンサーリンク

考えられる原因

・コイル/コンデンサーの不良
・キャブの不調

コイルかな?と思ったけど、コンデンサー変えたばかり。

GS400のイグニッションコイルのコンデンサー交換

GS400純正イグニッションコイルの補修で点火不良を改善!
こんにちは。王鈴です。 暑い!まだ5月なのに暑い! こんなに暑いとライダーだけでなく、 バイクにも不具合が出てくる! 何かアイドリングバラつくな…。 やべーちょっとオーバーヒートかな? とにかく暑いとバイ...

キャブも再生後、さらに期間を開けて超音波洗浄済み。

超音波洗浄

サンエスK1と超音波洗浄機で簡単にバイクのパーツ洗浄!
こんにちは。王鈴です。 今回はパーツの洗浄です。 バイクは内側から綺麗に美しく維持していきたいですよね。 でも、なかなかしつこい油汚れは落とせない! エンジン開けたらカーボンもビッチリ! なってことも多々あり、...

ポイント調整もばっちり…。

GS400ポイント調整のやり方を詳しく!点火時期の調整!(動画あり)
バイクのポイント調整のやり方を徹底紹介です。タイミングライト、テスターを用いたポイント調整のやり方を掲載しています。 アイドリングが不安定だったり、高回転が吹けない!高い部品、修理をする前にまずはしっかりポイント調整をしましょう。点火時期が揃うと気持ちよく始動して、走り出せますよ。

キャブを開けてスローの詰まり確認、ボディの洗浄も効果なし。

プラグの焼け具合も問題ない。

んじゃあ一体なんだ!

スクリューも大丈夫だぞ!

まじでギブアップしそうでした。

不調の原因

さらによーく観察すると、症状が出るとき若干アイドリングが高く、
レスポンスも悪くなる。

これはどこからか二次エアーを吸っている。

しかもちょっとだけね。

かなり走らないと症状がでない。

だからインシュレーター付近ではない。
あそこはかなり熱くなるから割と早く症状が出るはず。

GS400 キャブの外し方とインシュレータ交換で二次エアー対策!!
こんにちは。王鈴です。 花粉症がまじできつい!! せっかくの陽気も台無しです。腸内環境整えないとね…。 ってなわけであんまり走れないので整備です。 僕のGSも納車されて、もうすぐ1年半。 乗りっぱなしじゃいらね...

そして、キャブをよーーーーく確認すると微妙に滲みを発見。

そう、スタータプランジャのガスケットのとこからガソリンが滲んでる。

GS400キャブのガソリン滲み

試にネジを締めてみると、緩んでる!!

こんな部品がくっついてるとこね。

きっちり締めこんで、アイドリングさせるとバッチリ安定。

また、凡ミスかよーーー!と思いましたが、これも経験。

良しとしましょう。

スポンサーリンク

GSのレスポンスを改善

んで、アイドリングは安定したけど、まだレスポンスが若干イマイチ。

いや、全然いいんだけどね。

でも、ちょっと気に入らない。

なぜなら、スタータプランジャのガスケットは2か所。

そして、そこはキャブを分割しないと締めこめない。

仕方なく、キャブを外し、増し締め。

こっちは若干締めこめたくらいだった。

さらに、レスポンスを向上させるためにキャブの同調。

トキワ商会のキャブ再生とキャブの同調!!で絶好調!
こんにちは。王鈴です。 バイクシーズンも本格的に突入し、GWの真っ最中ですが 僕は今、職場のデスクでキーボードをたたき、このブログを書いています。 GW中はサンデードライバーも多く、県外の人も多数来るので、 事故には...

パイロットスクリューの調整。

極めつけはエアクリの交換。

スポンジのオイル量も影響するとのタカさんの教えがありました。

ベストなオイル量は車両によって変わってきます。

今までついてスポンジのオイル量がこれ。

かなり重い。純正指定は「21g」です。

僕は新品に交換して、「21g」からさらに軽くしていきます。

これで完璧。

吹け上がりが軽くなり、レスポンス良好。

まとめ

ほんとにバイクは奥が深い!

いや、俺の作業が適当なのもあるんですけど、
失敗してみないと解らないことってたくさんあるんです!

いやぁ、でも今回の原因は中々手こずりました。

症状でるまで時間もかかるしね。

まぁ、そんなわけでこの僕の経験が誰かの役に立ってくれたら
嬉しいですね。

みなさんも今一度、確認してみてください!

GS400キャブのオーバーホールを徹底解説。キャブレターのバタフライサイドシール交換。
こんにちは。王鈴です。 今回はキャブレターのフルオーバーホールです。 バタフライまで分解しちゃいますのでほんとに完全フルオーバーホール。 もちろん僕にそんな技術はありませんが、 GSの集い、いや、もうGSの神様といっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました