バイクの調子が悪い!!トラブルシューティング

こんにちは。王鈴です。

バイクの調子が悪い!どうしたらいいんだ!!という問い合わせが
結構あります。

なるべくわかる範囲で答えていますが、文章だけでは難しい。

また、切り分け不足が多々ある。

というわけで、簡単に切り分け方法を書いておきます。

今までもたくさん書いてきましたが、一個一個大変だもんね。

とにかく、簡単にまとめます。

最低限これくらいは確認しようってことです。

最初に手っ取り早い方法を言っときます。

・電気系統一式交換
・点火はウオタニ
・キャブは再生
・エンジンOH

これやっとけば駆動系以外解決です。

でも、お金かかってしょうがないし、経験を買うつもりがあれば
読み進めていってください。

スポンサーリンク

調子の良いバイクの条件


圧縮、点火、燃調。

これらがきちんと機能して調子のいいバイクになります。

エンジンが良くてもキャブがだめならくそバイク。

点火してても、ちゃんとした混合気が来なけりゃ燃やせない。

圧縮が漏れても力がうまく伝わらない。

そんなわけで、どこをどう見るか。

簡単なところだけ見ていきます。

エンジンについて


内燃機については知識が乏しく奥が深すぎるので
伝えきれないし、僕もわからないことがたくさんある。

とりあえず、白煙でない、圧縮正常であることを前提に
話を進めていきます。

たまに、異音について聞かれますけど、わかりません。

プロが聞いて異常がないと思っても、結構だめだったりすることも
あるんです。

俺がわかるわけないだろう。

というわけで、エンジンついては割愛します。

ぶっちゃけ腕のいい内燃機屋でOHしてもらってください。

とりあえず、プラグがオイルで濡れてなきゃいいよ。

バルブタイミングくらいはチェーンのコマ数で確認したほうがいいかな。

電気系統


まずは、正常な電圧を把握。

・アイドリング=12V以上
・5000回転=14V以上

これだけ出てればとりあえずOK。

12V切ったり、15V以上出る場合は注意が必要。

とりあえず、これくらい確認しましょう。

発電異常=ジェネレーター、ローターコイル、レギュレータ、バッテリetc

ここら辺を確認しましょう。

詳しくは下記記事からどうぞ。

GS400バイクのジェネレーター(ステーターコイル)の交換
こんにちは。王鈴です。 今回はステーターコイルの交換を行いましたので 交換方法を記録しておきます。 僕のGS400は長いこと発電量不足でした。 ライトをつけると13V弱。 以前はライトをつけなければ14Vほどでてい...
GSX250Eザリのセルモーター修理と電圧低下の原因。純正部品の流用
こんにちは。王鈴です! 今回はザリが故障しちゃったのでそこのことを書いていきます。 いや~びっくりしましたよ。 ツーリングの帰り際エンジンかからねぇんだもん。 押しがけ頑張ったけどだめでした。 原因はセルモータ...
バイクの電圧が低い!電圧降下がアーシングの追加で改善
こんにちは。王鈴です。 今回は、バイクの電圧について書いていきます。 僕のGS400はアイドリングで大体12.3-4V。 4500回転くらいで14Vでています。 ですが、そこに電気の負荷をかけていくと?? ちょ...

点火


イグニッションコイル、コンデンサー、ポイントまたはイグナイター。

ここら辺を確認します。

プラグコードにプラグを付けた状態で、ヘッドあたりにプラグを
くっつけて、セルもしくはキック。

その状態で火花が飛べばOKと言いたいところなんですけど、
点火に関しては熱をもった状態でも変わってくるし、とりあえず火花の確認て
だけで負荷をかけた状態での点火もわからない。

と、迷宮入りする確率が高い。

エンジンかけた状態でポイントから大きな火花が散ってれば調整不良か
コンデンサー不良。

ってゆうか面倒だから、よくわからない人はウオタニ入れましょう。

一番早い解決方法です。

そして、メンテ不要で調子がいい。まじでおすすめ。

僕は使ってないけど。

とにかく、ちゃんと調べたい、解決したいって人は各記事からどうぞ。

GS400ポイント調整のやり方を詳しく!ギャップと点火時期の調整!(動画あり)
バイクのポイント調整のやり方を徹底紹介です。タイミングライト、テスターを用いたポイント調整のやり方を掲載しています。 アイドリングが不安定だったり、高回転が吹けない!高い部品、修理をする前にまずはしっかりポイント調整をしましょう。点火時期が揃うと気持ちよく始動して、走り出せますよ。
ハイパーコンデンサーを付けてみた!純正流用イグニッションコイル
こんにちは。王鈴です。 今回はイグニッションコイルの流用です。 ウオタニを入れてる人には意味のない記事なので、 その場合はページをそっと閉じてください。 GS400、GSXシリーズに使えるコイルについてです。 僕は...
GS400純正イグニッションコイルの補修で点火不良を改善!
こんにちは。王鈴です。 暑い!まだ5月なのに暑い! こんなに暑いとライダーだけでなく、 バイクにも不具合が出てくる! 何かアイドリングバラつくな…。 やべーちょっとオーバーヒートかな? とにかく暑いとバイ...
旧車バイクのコンデンサー不良の症状と改善GS1000
こんにちは。王鈴です。 今回、僕のGS1000でコンデンサー不良がありましたので 症状などを細かく記載していきます。 点火系は厄介ですから、バイクが不調の方の切り分けの参考に なれば幸いです。 コンデンサーの役割 ...
GSX250Eザリのイグナイター故障?ピックアップ?点火は辛いよ…。
こんにちは。王鈴です。 今回はザリの点火不良です。 ほんと電気系統の故障はわかりにくい…。 みのりのザリはポイント点火ではなく、イグナイターがついてる。 メンテの必要もなく楽なんですけど、故障がいきなりだから嫌い。 ...

その都度やってきたので、重複する内容もあるかと思いますが、
それだけ点火は手強かったってこと。

キャブレター


これもかなり手強い。

予備ヤフオクで買って再生出すのが一番ですけどね。

んで、最低限とりあえず確認すること。

・二次エアーの確認。
・ダイヤフラムの状態。小さい穴でも不具合でます。
・穴の詰まり。

最低限、二次エアーくらいは確認しましょう。

これは、でも本当に、再生が一番いいです。

ボディもバタフライもシャフトも耗してますから。

インシュレータ交換くらいはやってもいいと思いますが、
なるべくならキャブのバタフライは触らない方が懸命。

それでも、やるんだ!失敗上等!って人は各記事からどうぞ。

GS400キャブのオーバーホールを徹底解説。キャブレターのバタフライサイドシール交換。
こんにちは。王鈴です。 今回はキャブレターのフルオーバーホールです。 バタフライまで分解しちゃいますのでほんとに完全フルオーバーホール。 もちろん僕にそんな技術はありませんが、 GSの集い、いや、もうGSの神様といっ...
GS400 キャブの外し方とインシュレータ交換で二次エアー対策!!
こんにちは。王鈴です。 花粉症がまじできつい!! せっかくの陽気も台無しです。腸内環境整えないとね…。 ってなわけであんまり走れないので整備です。 僕のGSも納車されて、もうすぐ1年半。 乗りっぱなしじゃいらね...
トキワ商会のキャブ再生とキャブの同調!!で絶好調!
こんにちは。王鈴です。 バイクシーズンも本格的に突入し、GWの真っ最中ですが 僕は今、職場のデスクでキーボードをたたき、このブログを書いています。 GW中はサンデードライバーも多く、県外の人も多数来るので、 事故には...
GS400パーツリスト(キャブレターGS400~GS400E)
こんにちは。王鈴です。 GS400~GS400EのキャブレターのパーツNo.の一覧です。 押しキャブと言われるパーツですね。 2種類ありますが、共通部品が多く、違いがある場合は記載してあります。 パーツリストとパーツ...

まとめ


とりあえず、このページはざっくり見れるように簡単にまとめました。

悩んで、悩んで、直しのたに、ツーリングで止まって嫌になることもあるでしょう。

大変だと思いますけど、この過程もバイクを所有する醍醐味。

詳細は各記事を読み進めてもらえれば幸いです。

頼れるバイク屋さんが少ないのは事実ですが、頼りになるバイク屋さんもあります。

自分でやるのいいけど、確実に最初は壊すからね。

それでもやりたいって人は自己責任でどうぞ。

俺のせいにするなよ。

質問してくるやる気のある人に向けて書いてるんだからな。

僕もまだまだ経験不足で分からないこともあります。

あくまで参考程度でよろしく。

調子がいい!俺のGS絶好調って言える状態になるまで2年かかってます。

最後に、工賃無料だけど、自己責任。忘れずに。

経験値は無限大だぜ。

旧車バイクのメンテナンス
GS400や一般的なバイクの整備やメンテナンスのページです。 自分の愛車は自分でメンテナンスすることによってより一層愛着がわくと思います。 バイク屋に任せるのがもちろんおすすめですが、 このページを開いたってことはなるべく自分...

コメント

タイトルとURLをコピーしました