RG50Eキャブレターのオーバーホール

こんにちは。王鈴です。

今回は久しぶりの「RG50E」になります。

以前ブレーキ回りをオーバーホールしてから、ずいぶんと日がたってしまいました。

今回の作業はエアクリーナーとキャブレターの清掃です。

中々程度が良く作業自体は割とスムーズに進みました。

キャブレターを一個だけなので楽ちんですね。

エアクリもすぐに外せるし。

整備入門にうってつけのバイクですな!

スポンサーリンク

エアクリナーの分解

エアクリーナーは2本のネジで車体に固定され、
カバーのふたはスライダーで固定されています。

まずはスライダーをずらして蓋をとります。

その後フレームに固定されているネジを緩めて、エアクリーナーBOX脱着完了。
いや~シンプルでいいですね。さすがの俺でも楽ちん!!

ちなみにエアクリーナーBOXの中はグズグズですw
まぁ予想通りですね。

エアーダスターで吹っ飛ばして、軽く洗って完了!!
すっかり綺麗になりました。

キャブレター

お次は問題のキャブレターです。
かなり汚れてます。オイル?ガソリンまみれです。

これがどれだけ綺麗になるのだろうか。
まずは車体から外します。

日本のナットでエンジンに固定されているだけなので
余裕のよっちゃんです。←もう古いか?

そして、車体から外した状態がこれ。

うん、汚いですね。いったい中はどうなっているんでしょうか。
幸いフロートチャンバーのねじ山も無事でした。
ほんとに程度がいいですね。このRG50Eは。最高です。

そして、中がこれ。

写真じゃわかりにくいけど、メインジェット貫通してません。
スロージェットも固着してんじゃないの…って感じでした。

でも、そんなときのためのヒートガンです。
ヒートガンでボディを温めてから外すと、スロージェットもすんなり外れました。

これで心配だった部品が外せたので安心です。
あとは分解していくだけ。パイロットスクリューとエアスクリューが似ているので注意。

ちなみにスプリングは同じ物が使用されていました。
分解完了後がこれです。

ボディも洗浄した後です。キャブボディ自体はきれいになりましたね。

ただ、中のジェット類はとりあえず始動確認してから交換しようと思っていたのですが、
フロート回りも微妙な感じだったので、新品部品を頼むことにしました。

一度清掃して組み付けたんですが、ガソリン駄々漏れだったのであきらめです。
結構いいお値段するんですよね。

バルブアッシで注文しました。純正部品が出るなんてさすがスズキです。

ちなみにRG50Eの純正キャブセッティングです。

RG50E純正セッティング

PJ 15
MJ 82.5
AS 1・7/8戻し
フロート油面 22.4mm

メインジェットはミクニ丸大。パイロットはミクニの小なんで、
どこでも買えますね。
持ってるのがあればいいんだけどなぁ。

続きは純正部品が届いたら追記しますね!

RG50E復活!!
こんにちは。王鈴です。 花粉症辛いですね。今年も割と食らってます。 ツーリングにはちょうどいい時期なのに花粉のせいでつらい! でも、バイク乗っちゃう!そんなバカなライダー達が大好きです。 さて、今回はついにRG50Eが復...

コメント

タイトルとURLをコピーしました