【デイトナDT-01インカムレビュー】BCOMとの差も比較してみました!

こんにちは。王鈴です。

今回は新しいインカムを購入したのでそのレビューです!

買ったのは「デイトナDT-01」

国産インカムなのにお手頃価格なインカムです。

B-COMを愛用していた僕ですが、結論から言うとDT-01でも問題なし。

ほとんど遜色ないレベルで使用できます。

というか、ここまでくるとあとは、デザインとか操作性の追求って感じですね。

なのでこだわりがなければDT-01の方が安くてお得!ってのが僕の結論です。

僕は彼女と友人との3人で使用するので3台購入しました。

ペアユニットはさらにお得ですよ。

スポンサーリンク

デイトナDT-01の外観と付属品

デイトナDT01の外箱

高級そうな箱に入っていますね。

箱代節約して安くしてくれ!なんて言いたいとこですが、
高い物なので安っぽい梱包だとがっかりしちゃいますしね。

バランスが大事よ。

開けると、大事にスポンジのベッドで寝かされた2台のインカム。

テンションあがる瞬間です。


なんとなくならべてみました。

わくわく伝わるでしょ?

スポンジをどかすと説明書。

その下に付属品がたくさんついています。

これが1台分のセット内容です。

・マイク
・スピーカ
・ベースマウント
・充電ケーブル(USB TYPE-C)
・ベースやスピーカの調整パッド

本体単品はこんな感じでスタイリッシュ。

デイトナDT-01の仕様・機能

デイトナDT-01スペック表

仕様などをBCOMと比較しながら見ていきましょう。

やっぱBCOMが一番凄そうだけど、自分の用途と合わせて
選んでいきたいですからね。

仕様

・標準価格
1台:24000
2台セット:47000

・充電端子:USB Type-C

・本体寸法:L105mm×W46.5mm×H19.4

・本体重量:52g

・作動温度:-10℃~+50℃

・Bluetooth仕様
バージョン 5.0
送信出力:Class1
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
認証:TELEC
PINコード:0000

BCOMとDT-01の仕様比較

BCOMのSB6Xは価格は「34800円」重量は「53g」。

ブルートゥースのバージョンが「4.1」となってます。

DT-01はバージョン「5」であり、バージョン5になると4と比べ
転送速度が2倍。通信範囲が4倍となってます。

つまり、ブルートゥースの仕様、重量ともにDT-01がの方が上ですね。

おまけに価格も安い。

仕様についてはDT-01の勝ち。

デイトナDT-01の機能

お次はDT-01の機能です。

・他社接続:〇
ただし、他社製の場合は1-1のみ。

・バックグランドミュージック:〇
音楽を聴きながらインカムの会話が可能。

・ミュージックシェア機能搭載

・通信可能距離:1000m

・最大4人のグループトーク
切断されても自動復旧。

・最大通話時間:12時間

・防水仕様:IP67相当

・携帯電話2台接続
同時待ち受け可能
受話、終話、ラストナンバーリダイヤル、拒否、キャッチホン切替えが可能。
iPhoneに接続すればSiriの使用も可能。

・Gセンサー搭載
操作ボタンを押さなくても、
デバイスやヘルメットを叩くだけで
電話の受話、終話、音楽の再生、停止などが可能。
ぶっちゃけよくわからん機能で使いにくい。

・スピードダイヤル機能
よく使用する電話番号を登録できる。

インカムで大事な機能をまとめると。

・通信距離は1キロ
・最大接続人数は4人。
・連続通話時間は12時間
・他社接続は可能だが1-1通話のみ

このあたりをBCOMと比較してみましょう。

BCOMとDT-01の機能比較

・最大通話人数
BCOM:4人(他社含む)
DT-01:4人(他社は1-1のみ)

・通信可能距離
BCOM:1400m
DT-01:1000m

・連続通話時間
BCOM:16時間
DT-01:12時間

はい、すべてにおいて完敗です。

このあたりは自身の環境、お財布と相談ですね。

DT-01も通常使用で困ることはないですが、上を目指すなら
BCOMって感じか。

この差に1万円の違いを感じるのかどうかってとこですね。

デイトナDT-01の取り付け方法

では、DT-01をヘルメットに取り付けていきましょう。

まずはスピーカとマイクをベースマウントに接続します。

マイクはフルフェイス用とジェット用がありますので
自分の環境に合わせて選択してください。

デイトナDT-01マイク

マイクを選んだらベースマウントに接続します。

配線は本体からではなく、ベースから「赤2本」「黄色1本」の配線。

黄色がマイク。赤がスピーカとなっています。

接続したら、あとはヘルメット内に配線を這わせて調整。

ベースの取り付け方は2種類あります。

スポンジテープで張り付けか、マウントを挟み込んで固定するか。

僕はいつでも調整できるように、挟み込んで固定しました。

んで、後は本体とベースの端子とツメを合わせて合体。

これで取り付けは完了。

デイトナDT-01使用の注意点

このDT-01は価格も安く、使いやすいのですが、注意点があります。

それはですね。音が小さい。

最初びっくりするくらい小さい。音量上げても小さい。

ふざけてますよね。

んで、なにが原因かっていうと、「ファームウエアのバージョン」です。

バージョンアップによってこの音量は解消されます。

なので使用する前に最新バージョンの「1.36」へ変更してくださいね。

ファームウエアのバージョンアップ方法

・付属のUSBケーブルでインカムとPCを接続。
・デイトナホームページから設定ツールダウンロード
・デイトナホームページから最新バージョンダウンロード
・設定ツールで最新バージョンをインカムへインストール

大まかな手順はこんな感じです。

まずは、デイトナのサイトへ飛びます。

デイトナ

ファームウエアバージョンアップ手順1

トップページから赤い四角で囲った「ファームウェア&取扱い説明書」をクリック。

そうるすとこんな画面になります。

そしたら一番下までスクロールして「設定ツールをダウンロード」

ダウンロードすると、こんなファイルがダウンロードしたフォルダに
保存されます。

これをクリックして「解凍」。

すると「DT01_ConfigureTool_V2.01.exe」というファイルが
出てくるのでダブルクリック。

「V2.01」の数字の部分はバージョンによって異なりますので数字が違っても
問題なしです。

クリックするとこんな感じの出てくるので「はい」でOK。

すると次はこれは。「OK」でいいよ。

「デスクトップに作成する」にチェックを入れて次へ。

インストールを選択

こんなの出てきたら「YES」とりあえず進めてちょ。

んで、完了するとデスクトップにアイコンできます。

次は最新のファームウェアのダウンロード。

一番上まで戻って、1.36をダウンロードします。

PCとインカムを付属のケーブル(TYPE-C)で接続します。

デスクトップのアイコンをクリック。

PCとインカムを接続した状態で「COMポートを開く」

「ファームウエアのアップグレード」を選んで、
先ほどダウンロードした「1.36」のファームウェアファイルに選択。

そしたら「ファームウェアアップデート開始」を選択。

これで、完了すれば、アップデート完了です。

デイトナDT-01の使い方

では、デイトナDT-01の使い方を説明しよう。

多機能ながらシンプルな操作で利用が可能となってます。

各部のボタンと役割

各ボタン色々な役割がありますが、インカムとして
使う際に必要な部分だけ抜粋します。

電源の入れ方

Vボタンを左にスライドさせたまま、「Aボタン」をおします。

すると電源投入のアナウンスが流れます。

かなり音量でかいので注意。

音量調整(Vボタン)

Vボタンと呼ばれるこのボタンで音量調整します。

左に短くスライドで小さくなり、右にスライドで大きくなります。

最大OR最少になると「ピーピー」と音が鳴ります。

ペアリング方法

・接続するすべてのDT-01を起動
・メイン1台を除いてペアリングモードにする。
・メインをペアリングモードにする。
・ペアリング完了を待つ

大まかな流れはこんな感じです・

①まずは全台の電源を投入。

②メイン1台以外をペアリングモードにする。
⇒Mボタンを長押し。(LEDが赤/青に交互点滅)
DT-01のMボタン

③メインのDT-01をペアリングモードにする。
⇒Aボタン長押し。(青色で高速点滅)
DT-01のAボタン

④接続完了のアナウンスを待つ。

これだけでペアリングは完了。

通話を開始する場合はどれか1台のAボタンを押して、
通話の開始を待つだけ。

・通話の終了
⇒通話を終了したい人だけAボタン長押し。

他社インカムとの接続

・DT-01をペアリングモードにする。
⇒Aボタン長押し。(青色で高速点滅)

・他社インカムもペアリングモードにする。
⇒各機器の説明書参照

・接続を待つ

他社との接続も簡単ですが、1-1のみとなりますので
注意してくださいね。

充電方法

充電はUSB-TYPECで可能です。

汎用性も高いのでいいですね。

下のゴムのカバーを開けると接続口があります。

DT-01のUSB接続口

ここから水が入るとやばいのでしっかりカバーは閉めましょう

大体満充電まで2時間くらいです。

DT-01の充電中の画像

赤から緑になれば充電完了です。

DT-01を実際に使ってみて

DT-01を実際にツーリングで使用してみました。

半日ツーリングで2回使用しています。

随時使用感は追記していきますね。

とりあえず現段階での使用感となってます。

ノイズが少ない

一番驚いたのはノイズの少なさです。

インカムを通話の状態で相手がヘルメット被るときは
かなり「ガサガサ、コツコツ」音がしてたんですよ。

でも、DT-01はそれがほとんどなく繋がっているのか不安になるくらい。

これにはびっくりしました。

通話の品質的には8年前のBCOMより、音割れがすくなくクリアな音声。

音量はBCOMの方がきもち大きいかな?ってところです。

稼働時間が長い

稼働時間もさすが新品。

半日使用しても残量は「80%」でした。

見た目もスタイリッシュでかっこいいしね。

補修部品が手に入る/修理が早い

スピーカ、マイクも単品で交換できます。

本体ごと交換しなくていいのが安心ですね。

それと、おしゃれにパネルも交換できます。

僕は赤に使用かな‥。

操作性がイマイチ

Mボタンはやっぱりちょっと押しにくい。

それと、通話切断後、再開時に音量がリセットされる。

また、最大にしなきゃいけない。

これがちょっとめんどい。

取り外しにコツがいる

インカム本体をマウントベースから取り外すのですが、
説明書だとツメを押して、下に引けと書いてあります。

でも、これじゃあ、どうあがいても取れないんです。

そこで、彼女にお願いしたところ「コツ」がわかりました。

ツメを押し下げた状態で、インカム本体を持ち上げながら引く。

これでばっちり外れます。

まとめ


以上、僕がDT-01を使ってみた感想でした。

価格も国産にしては安く、性能も十分です。

グループ通話での音質も問題ありませんが、やはりBCOMの方が
音質は優れています。

中華製や、古いインカムを使ってる人は
ノイズの少なさにぶったまげることでしょう。

また、使いに行くところも敢えて記載しましたが、
本当に敢えて言うならというレベルです。

若干BCOMに通信可能距離とバッテリ稼働時間で劣るものの、
使用に支障が出るレベルではありません。

・通信可能距離
BCOM:1400m
DT-01:1000m

・連続通話時間
BCOM:16時間
DT-01:12時間

この差に1万円の違いを感じるならBCOMですね。

んじゃ、最後に箇条書きで。

DT-01のいいところ

・価格が安い(¥20000)
・ノイズが少なく音質もクリア
・稼働時間も十分
・グループ通話も可能(4人)
・他社インカムも接続可(1-1)
・通信可能距離も長い(1000m)
・ペアリング操作が簡単

DT-01のだめなとこ

・ファームウェアを上げないと音量が小さい。
・取り外しにコツがいる
・音量がリセットされる
・Mボタン押しにくい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました