モトブログの始め方。マイク2個で録音:必要機材など

こんにちは。王鈴です。

今回はモトブログの始め方です。

必要機材、マウント、必要なアクセサリなど

機材を選ぶ際の注意点なども書いています。

実際僕が使用している環境ですので、

ここの書いてある物をそろえれば、不自由なく
モトブログが可能です。

スポンサーリンク

目次

モトブログで必要な物

まずはモトブログで必要な物。

基本構成を記載しておきます。

これだけあれば基本的な撮影はできます。
あとは求める音や画質などで変わってくると思います。

モトブログを始める上でこれだけは最低条件だと思うものがあります。
「映像」「音」です。

人気のあるモトブロガーはそれに付随してさまざまな要素がありますが、
いずれも高い水準で満たしていると思います。

なのでこれから始めるとか僕のようにモトブログを
始めたばかりという場合は「映像」と「音」を先人たちの
水準まで持って行ってやっとスタートラインというわけです。

だから、適当なカメラでやっても全く動画は見てもらません。

きちんとGopro使用している人だって難儀している状況です。

映像についてはGoproなどを使用すればクリアできますね。

なので問題は「音」です。

僕はモトブログでする上で一番意識したのは排気音と声のバランスです。

声はヘルメット内にピンマイクを仕込めば綺麗に取れますが、
排気音は難しかったです。今いろいろ試して、
自分の中でも納得のいく「音」が撮れるようになりました。

なので我ながら排気音はよく取れていると思います。

では、まず基本的な構成からいきます。

モトブログを始めるために①アクションカメラ

これはもう「Gopro」シリーズを使用すれば問題ないでしょう。

ちなみに僕は「Gopro Hero4」を使用しています。

フリマアプリのメルカリで「¥20000」で購入しました。

SONY製のカメラとよく比較されますが、顎マウントをするのであれば
断然Goproです。

ヘルメットにサイドマウントするのであればSONYのアクションカメラでも
いいでしょう。

4Kに対応していますが、いくら高画質で録画しても再生する側の環境に依存するので
Hero3でも十分かもしれませんね。

撮影時は「1080supuerView」の「60fps」で撮影しています。

画角が広く、早い動きにも対応できるのでモトブログするなら
これがベストじゃないでしょうか。

GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 ブラックエディション アドベンチャー CHDHX-401 GoPro HERO4 Black CHDHX-401 USA直輸入 日本語対応

GOPRO CHDHX-701-FW アクションカメラ GoPro(ゴープロ) HERO7 Black [4K対応 /防水]

Gopro Hero7がおすすめ

現在であれば、光学補正のついたHERO7が一番おすすめですね。

そのおかげで中古の「Gopro Hero4」も値段が下がってます。

今かうなら断然HERO7がおすすめです。マイクアダプタでかいけどね…。

それとブラックエディションだけですからね、光学手振れ補正が
ついているのは。気を付けてください!

GoproHERO8が登場

なんと先日GoproHERO8が登場しました。

もう、俺のHERO4は4世代も前。そろそろ買い替えかな…。

HERO7をさらに使いやすく高性能にしたアクションカメラです。

機能も多彩で素晴らしいの一言。

俺もほちい…。

GoproHERO8がついに公式発表!バイク走行動画に最適っぽい?
こんにちは。王鈴です。 ついにGoproHERO8の公式発表がありました! HERO7が欲しくて我慢しているうちにもうHERO8です。 進化の速度が素晴らしいですね。 そして、HERO8もかなり性能を上げてきています...


モトブログを始めるために②外部マイクとマイクアダプタ

まず、きれいな音質を保つためには外部マイクが必須です。

まぜ、外部マイクが必須かというと風切音ですね。

バイクで風切音は避けられませんが、外部マイクなしじゃとてもじゃないけど、
聞ける音は撮れません。

Goproと外部マイクの接続方法

Goproは「3.5ミリジャック」がないので、

マイクアダプタを別途買う必要がでてきます。

ネットで1500円くらいで買えますよ。純正品がベストなんですが、

純正品は売っていてもクソ高いと思います。

僕は一応普通に使えているので問題ないかと思います。

Goproにマイクアダプタを差して、アダプタに3.5ミリジャックのピンマイクを接続。
これで、音声と映像はOKです。

↓これがマイクアダプタ。左側が本体側。

Goproマイクアダプタ

↓マイクアダプタにピンマイクを接続した状態。

Goproにマイクアダプタとピンマイクを接続

BUFFALO バッファロー マイク[φ3.5ステレオミニプラグ] 小型クリップタイプ BSHSM03BK

【GoPro純正品】GoPro HERO3/HERO3+ 3.5mm Mic Adapter AMCCC-301 マイクアダプター【並行輸入品】

・HERO5以降はこっち
【プロ3.5mmマイクアダプター】*3.5 mm のマイクを HERO7 Black、HERO6 Black、HERO5 Black または HERO5 Session に接続するためのプロ品質アダプター。

モトブログを始めるために③ネイキッドフレームとレンズカバー

ネイキッドフレームはスケルトンハウジングだと
外部マイクが接続できないため、
ネイキッドフレームを使用して接続口がむき出しになるようになっています。

これは防水効果がなくなってしまうので雨の日は利用できません。
雨が降ったらあきらめて。

それとレンズカバー。これも必須。ネイキッドフレームなのでレンズむき出しです。
ネイキッドフレームとセットで買えばお得ですよ。
ネイキッドフレーム
↓きちんと長穴があいているフレームを購入してくださいね。
横の穴の長さが短い場合もあるのでよく確認してください。
GoPROとネイキッドフレーム横から
GoPROとネイキッドフレーム正面

モトブログを始めるために④カメラマウント

このマウントは好みによるんですが、僕としては顎マウント(チンマウント)
モトブログをやるのであればベストだと思います。

やはり映像を見ている人が「運転している」気分を味わえるのは
顎マウントだと思います。

顎マウントするには「ベースマウント」「延長アーム」
「ボール関節マウント」です。

ベースマウントは言うまでもなくベースとなるマウントです。
延長アームはちょうどいい角度に持っていくためのもの。

もっとシンプルに構成しても全然いいんですけど、
それは各々使いやすいよう調整してください。

そして「ボール関節マウント」これは微妙な角度調整にも使用できるので
必須と言ってもいいと思います。

これは下記で購入するよりも他で買えば1000円でおつりきます。
僕は写真のように使用しています。

顎マウントの作成

↓これがベースマウント。ヘルメットにくっつけています。
ヘルメットにベースマウントを取り付け
↓これがアームジョイント。延長マウントとかでもいいのかな?
延長アームとベースマウントの組み立て前
↓これがボール回転マウント
ボール関節マウント
ボールと延長アームをつなげるとこんな感じ
顎マウントとベースマウント
ベースマウントにくっつけた状態。わかりやすいように伸ばしています。
顎マウントをヘルメットに取り付け
↓折り曲げるとこんな感じ。
顎マウントとカメラの位置
レンズが大体真ん中に来るようにベースマウントの位置は注意してくださいね。

アマゾンから顎マウントが出てますね。

これはすごい。安いしおすすめです。

モトブログを始めるために⑤SDカード

Gopro用SDカード
これも結構大事です。ケチって変なの使うと
録画データがうまく保存できなかったりします。

決定的瞬間をとらえた映像が保存されていなかったらショックですよね。
そのため、SDカードについてはきちんとした物を使用しましょう。

容量については最低「32GB」を使用したほうがいいと思います。

僕は「64GB」を使用していて、
1080supreviwモード60fpsで4時間20分ほど撮影できます。

HERO4であれば128Gまで認識しますのでそちらを利用してもいいかもしれません。

1080supreviwモード60fpsで8時間以上連続撮影が可能です。

バッテリは入れ替えなければいけませんが、ずっと回しっぱなしにできるので
決定的瞬間を逃しませんよ。

念のため予備で「32GB」も用意してあります。
※HERO3は32GBまでの対応ですので注意してください。

ポイントマイクロSDの規格:SDXC>SDHC>明記無しの順で新しく品質がいいです。
転送速度:カードには「C」の中に数字があります。「UHS-1」など。
これが大きければ大きいほど転送速度が速いです。


モトブログを始めるために⑥予備バッテリ

Goproのバッテリは大体、45分~1時間くらいで切れます。

そのため、ロングつーりんぐなどの場合は間違いなくバッテリが足りません。

僕はバッテリに関しては4個持っています。これなら日帰りツーリングなら足りますが、
一日中録画しっぱなしの状態だともちろん無理です。

なので、シートバッグの中にモバイルバッテリを入れて、バッテリが切れたら、
バッグの中で充電しています。予備バッテリはたくさんあったほうが安心でしょう。

純正が一番ですが、サードパーティ製でもやっていけるでしょう。

でも、持ちとか考えるとやっぱ純正かな?この辺は財布と相談してください。

それとサードバーティ製は耐久性が低いです。すぐに放電してしまうし。

しばらく使わないで置くと勝手に放電してます。

おまけにバッテリが膨らんで入れにくい、取りにくいって状態です。

中古なら純正品も安く出てますのでおすすめです。

サードパーティの新品よりも中古純正の方が使い勝手がいいですよ。

というわkで断然、純正推しでござる。

社外品はあくまでお試し程度に使うつもりで。

バイクの部品と同じですね。



《新品アクセサリー》 GoPro (ゴープロ) リチウムイオンバッテリー for HERO5 AABAT-001-AS(対応機種:HERO7 Black、HERO6 Black、HERO5 Black、HERO(2018年発売))【KK9N0D18P】

基本構成はここまでで、普通にモトブログが撮れます。

ただ、これだと排気音が綺麗にとれません。

ボイスレコーダを使用してもいいのですが、それだと編集が非常に面倒。

なので、マイク二つで同時録音できないかと試行錯誤してました。

モトブログを始めるために⑦Goproにマイク2個接続

僕はGoproにマイクを2個接続しています。
1本は自分の声用にピンマイク。もう一本は排気音用に
PC用のフラットマイクを使用しています。
こうすることで同時録音ができて編集も楽ちんです。

使用したのは、SONY製の「JVC AP-120A」です。

JVC AP-120A

これをマイクアダプタに接続します。

マイクアダプタとJVCを接続

そしてマイク2本を接続します。

フラットマイクとピンマイクの接続
排気音録音側は感度がよすぎてもだめなのでPC用のフラットマイクを使用しています。
PC用のフラットマイク
排気音が大きい場合は何かカバーに包んで後ろポケットに
フラットマイクを入れるといいと思います。

僕はフラットマイクを後ろポケットに入れて排気音を録音しています。



これで排気音も綺麗に収音することができます!これはなかなかいいと思いますよ。
量販店で探す場合はTV用品の所にあるので間違えないようにしてください。

モトブログを始めるために⑧インカム会話の録音

インカム会話を録音する場合ですが、

僕はインカムのイヤホンを片方ヘルメットの口元へ設置しています。
口元フラットマイク

なので、そこにフラットマイクを仕込めば会話と自分の声が綺麗にとれますよ。

口元フラットマイクとインカムのイヤホン
それかSONYの「ECM-TL3」を使用するといいと思います。

これは骨伝導で自分の声がとれます。

また、耳にはめるのでインカムの声は綺麗にとれますが、
自分の声がこもりがち。

SONYの「ECM-TL3」
片側だけ、自分の口元に持ってきてもいいかもしれませんね。

現在僕は口元のインカムスピーカーにSONYの「ECM-TL3」を重ねて、インカムの音声を録音しています。

コンデンサーマイクでインカム会話を録音

もう一つのインカム会話の録音方法がこれ。

バッファローのコンデンサーマイクを改造して使う方法です。

どっかのブログで見て僕もやってみました。

改造と言っても中から取り出すだけなんで簡単です。

この方法が一番安上がりで、スタイリッシュかも。

まずはスポンジを外してこの状態。

そしたらニッパーか何かで上蓋を取ります。

上蓋を取った状態がこれ。

後は黒いカバーをニッパーではぎとります。

中のコンデンサーを潰さないように注意ね。

カバーを全部とるとこんな感じ。

中からコンデンサーがでてきますので後はインカムのスピーカに仕込むだけ。

これで完了です。

バッファローのコンデンサーマイクは安いですが、買い合わせ対象商品なので
2000円以上の買い物をするとき、複数頼んでおくのが吉です。

線が切れたりした時のために予備が合った方がいいですよ。

created by Rinker
バッファロー
¥1,580(2020/05/26 16:13:45時点 Amazon調べ-詳細)

日常会話の録音はスマホを利用する


通常の会話を録音する際はスマホを使うの便利です。

集音昨日がGoproより高いので結構音声を拾ってくれます。

複数人が喋る時などはスマホのボイスレコーダー機能か、
スマホで動画撮影をしましょう。

走行動画以外は正直スマホの方が色々と便利です。

ヘルメット脱いで付け替えも面倒なので、
スマホに大容量のマイクロSDをセッティングして使いましょう。


スポンサーリンク

まとめ

配線は好きなようにまとめてくださいね。僕はかなり適当です。

これで排気音と声を綺麗にとれるようになると思います。

後ろポケットに入れるマイクについては
カバーなどを付けて音量調整してください。

ボイスレコーダーが一番いいですけど、
この状態でもかなり綺麗に排気音を収音するこができたので
参考になればうれしいです。よろしくお願いします。

《新品アクセサリー》 GoPro (ゴープロ) リチウムイオンバッテリー for HERO5 AABAT-001-AS(対応機種:HERO7 Black、HERO6 Black、HERO5 Black、HERO(2018年発売))【KK9N0D18P】

GOPRO CHDHX-701-FW アクションカメラ GoPro(ゴープロ) HERO7 Black [4K対応 /防水]


SUREWO ヘルメット カメラ マウント [ GoPro Hero 対応 ] 日本語説明書付 アゴ部分にも アクションカメラを取り付け固定 [ バイク 動画 の必需品 ]

スマホはGopro以上!?スマホでのバイク動画をかっこよく撮影する方法
こんにちは。王鈴です。 本記事ではバイク動画の撮影方法です。 走行動がはGoproがばっちり撮影してくれます。 綺麗で、素早く流れる走行映像をGoproは美しく録画 してくれますが、そんなGoproにも弱点があります。 ...
【NeewerのLEDライトレビュー】屋外OK!夜間動画撮影に必須の激安LEDライト
こんにちは。王鈴です。 今回は激安LEDライト「NeewerのLEDライト」です。 ガレージで撮影することも多々あるんですが、いかんせん 動画が暗い。 GoproHERO4暗いとこ弱いんだよ。 なんとか解消しようと...
【デイトナDT-01インカムレビュー】BCOMとの差も比較してみましたた!
インカムDT-01のレビューです。結果としては大満足。国産メーカーでは値段も安くBCOMと比較して遜色ないレベル。でも、音質はやはりBCOMに軍配があがるかなってとこ。価格差は1万円。性能を比較してこの1万円の価値を感じられるかどうかってとこです。

コメント

  1. ぷうすけ より:

    こんばんは、記事読ませて頂きました。

    記事通り、マイクを2つ使い録ってみた所、排気音が大きすぎて自分が喋っている声が聞き取りづらくなってしまいました。

    フラットマイクはズボンのポケットではない方が良いのでしょうか?何か改善策があれば教えて頂きたいです。

    宜しくお願いします。

    • 王鈴 より:

      こんばんは。排気音が大きい場合はスポンジをかぶせたりジャケットのポケットに変更するといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました